今月のお勧め
黒楽、紅楽茶碗
尾形乾山
黒楽茶碗 直径10.5p×高さ3.5p。
紅楽茶碗 直径10.5p×高さ6p。


黒楽茶碗は、表に白富士を描き、箱は、丸太くりぬき、ロクロ造り、黒塗仕上げ。羽根布団包に「本徳岡蔵」とある。
紅楽茶碗は、表に二本並びの双松が七つ描かれ、この茶碗は、山の意匠と技巧に驚嘆すべきものであり、特に双松の描き方など聖人の置物に妙を得た高彩画を極めた逸品ではないかと思う。

お知らせ

会社案内
美術館のご案内
年間展示予定表
勉強会情報
買取・表具無料相談・鑑定(有料)相談・問い合わせ
株式会社 平成美術
千葉県公安委員会 第441360000672号
Copyright(C)2000-2015 Heiseibijyutu all right reserved